主婦のローン/必要書類は?

主婦の方がローンを組むのに「必要な書類」について説明しましょう。これからローンを申し込まれる方は、この記事を参考に準備を進めてください。

 

【身分証明書】

ローンに申し込んだかどうか、本人確認のために身分証明書類が必要になります。身分証明書類とは、運転免許証や、保険証、パスポートなどが該当します。カード会社によっては、写真付きの住基カードが申請できます。

 

運転免許証をお持ちでない方は、どのような身分証明書が申請できるのか、事前に調べてから、手続きを行ってください。

 

身元証明書書に記載されている住所と、現在お住まいの住所が異なる場合は、新たな書類が必要になります。現住所の証明は、公共料金の請求書や受領書などを利用してください。

 

公共料金は、携帯電話の支払い光回線などの支払いは該当しません。ここでの公共料金とは、水道代、ガス代、電気代などを指します。最も新しい公共料金の書類を用意し、現住所の証明として提出してください。

 

【収入証明書】

借入の金額や、借りる方の属性によって「収入証明書」が必要になります。収入証明書とは、別名、所得証明書とも言います。これは、安定した収入が毎月得られているのか、証明する書類となります。

 

金融機関によって許される書類が異なりますが、源泉徴収票や確定申告の書類、ボーナスを受け取っている方は、賞与証明書が必要です。

 

これらの書類がない方は、直近の給与明細書を用意しましょう。給与明細書を提出する場合は、最低でも2カ月〜3カ月分を用意してください。

 

消費者金融の場合「50万円までの融資」は、原則として所得証明書が不要となります。また、銀行の場合は総量規制外となるので、平均100万円、多ければ、300万円までの融資に対して、収入証明書不要とするところがあります。

 

ただ、一部例外があります。それは自営者の方への融資です。残念ながら、自営者の方は「収入の証明が難しいという理由」で、借入の金額に関係なく、所得証明書の提出が必要になります。

 

これは、5万円以下の小額融資でも同様です。自営者の方は、収入証明書類をご用意してから、カードローンの申し込み行ってください。

 

最近は、主婦の方も自宅で仕事を持つ方が増えてきています。特に、フリーランスの仕事を受けている方は、年々増え続けています。自宅で仕事を持つ方、フリーランスの方も全て「自営者として」融資を受けることになります。

 

自営者の方は、一般の方とは申し込み方法が異なるので、書類の提出方法や申し込みの仕方に注意して申請してください。

 

【専業主婦の方】

専業主婦の方が利用できるローンは、あまり多くありません。一部の銀行ローンやクレジットカードでのキャッシングに限定されます。

 

ただ、専業主婦の方でも利用できるローンがいくつかあるので、興味のある方は申し込みをしてみてください。現在、専業主婦の方が利用できるローンは、楽天銀行やイオン銀行、その他クレジットカードの一部で受付行っています。

 

専業主婦の方は、原則として身分証明書だけで申し込みが可能ですが、専業主婦の方に対して審査が行われないわけではありません。配偶者の方や、家族の方の収入を目安に、ローンの融資額を決定しているのです。

 

このため、配偶者の方に無理な借入があったり、延滞や返済できていない支払いがあれば、自動的に主婦の方のローン審査も否決となります。専業主婦の方は、世帯収入のバランスを見て、カードローンを利用するようにしてください。
↓下記サイトも大変参考になります。↓
お金を借りるならどこがいい?カードローンで初めてキャッシングする方法

審査の難易度は?

主婦向けのローンは、難易度が高いのでしょうか? ここでは、代表的な(女性向け)ローンの「審査難易度」について、説明したいと思います。

 

【プロミスの難易度】

女性専用ローンを扱う「プロミス」の審査は、かなり「ゆるやか」と言えます。もちろん、過去カード利用履歴が悪い方や(現在利用中のカードに)延滞のある方は、審査に通ることはできません。

 

しかし、安定した収入が継続してある方、年齢の制限を超えていない日本人の方であれば、誰でもスムーズに融資が受けられるでしょう。主婦の方もアルバイトやパートなど、本人が仕事を持っていれば、収入に応じた融資が受けられます。

 

プロミスの場合は、ネットで申し込みをすれば最短30分で結果が分かるでしょう。また、カードと契約書も即日の受け取りが可能となっています。

 

【オリックス銀行カードローンの難易度】

数年前まで、オリックス銀行カードローンは「ハードルの高いローン」として知られていました。しかし、2014年の秋以降は、主婦の方や女性の方にも借りやすい条件を設定し、新しいタイプのローンへと生まれ変わりました。

 

(オリックス銀行カードローンは)以前、年収200万円以上の方しか利用できませんでしたが、今では年収の制限は存在しません。このため、主婦利用者の数は(オリックス銀行において)急激に増え続けています。

 

【レイクの難易度】

レイクの難易度は、銀行ローンの中では「非常にゆるやか」です。レイクは、銀行のローン商品ですが、どちらかと言えば「消費者金融ローンに近い」商品です。レイクでは無人契約機を使って、気軽に即日融資が受けられます。

 

また、ネットで申し込み(女性専用窓口がある)をすれば、無人契約機での手続きは5分程で完結します。

女性専用ローンとは?

女性専用ローンとは、女性だけが申し込める特別なローンです。ここでは、女性専用ローンの仕組みと申し込み方法について、説明したいと思います。

 

【女性専用ローンを扱うカード会社】

女性専用ローンは、以下のカード会社で利用できます。

 

・ プロミス(女性専用プロミスカードローン)
・ レイク(レディースレイク)
・ アコム(働く女性のカードローン)

 

女性専用ローンは、カードの手続きや相談を「専門の女性スタッフ」が対応してくれるので(カードの利用が初めての女性でも)安心です。

 

【窓口は二種類】

プロミス、レイク、アコムには、女性専用の申込窓口があります。電話の場合は「女性専用ダイヤル」が利用できます。最もおすすめなのは、インターネット専用の「女性ローン窓口」の利用です。ネットから申し込みをすれば、オペレーターとのやりとりは最小限で済みます。

 

【うっかり、窓口を間違えても大丈夫?】

プロミスとレイク、アコムでは、通常のローン窓口(ネットや無人契約機)で申し込んだ場合でも、申込者が女性だと分かった時点で、自動的に「女性ローン」のサービスに切り替えてくれます。金利や貸し付け条件(融資額)は、通常のローン(フリーキャッシングなど)と同じですが、カード会社の女性スタッフが接客をしてくれるので、気持ちよく取引が続けられます。

 

【お金の相談も気軽にできる】

女性専用ローンは、スタッフが全員女性なので「相談しやすい」といったメリットがあります。カードローンの利用で分からないことがあれば、いつでも気軽に相談してみましょう。通話はフリーダイヤルなので、通話料を気にする必要もありません。